メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『ギリシア人の物語1−民主政のはじまり』=塩野七生・著

 (新潮社・3024円)

思い入れある観方が冴える塩野節

 「初心忘るべからず」とは世阿弥の文言。著者は大学の門をくぐったとき西洋古典学の碩学(せきがく)の門下生になったという。ルネサンスものを数多く著した作家が、やがてローマ人を物語り、さらにギリシア人を物語る。それはある意味では宿命ではなかったか、それが偽らざる読後感である。

 ギリシア語を話しギリシアの神々を信仰する人々の土地は痩せて狭いから、小麦の生産高は低かった。そのな…

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1445文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです