メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧ビルマ政庁

「閉鎖空間」の内部公開

ヤンゴンの中心街にある英植民地時代の旧ビルマ政庁舎=春日孝之撮影

 【ヤンゴン春日孝之】ミャンマー最大都市ヤンゴンにある英植民地時代の歴史的建造物「旧ビルマ政庁」の内部が毎日新聞に公開された。新政権を担うアウンサンスーチー氏の父で独立運動の英雄アウンサン将軍が暗殺された場所でもある。「大英帝国の権威の象徴」として威容を誇ったビクトリア朝の建物は、市街中心にありながら広さは東京ドーム1.4個分。長くフェンスと鉄条網で囲まれた「閉鎖空間」だった。

 「歴史に『もし』は付きものです。父(アウンサン将軍)と6人の閣僚が暗殺された日を境に国家指導部は一…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです