メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧ビルマ政庁

暗殺現場は修復せず「祈りの場として保存」

アウンサン将軍が暗殺された会議室。1952年以降、祈りの場になっているようだ=春日孝之撮影

 ミャンマーの旧都ヤンゴンにある歴史的建造物「旧ビルマ政庁」で、1947年にアウンサン将軍らが暗殺された部屋は、復元対象から外れている。

 地元紙によると事件の5年後、手が加えられて「祈りの場」となり、仏教グループが管理してきた。

 ミャンマーの歴史遺産の修復に実績があるパトリック・ロバート氏の全体の修復案では、外観は忠実に復元する。技術者を既に英国から呼んで地元労働者に手ほどきした。一方で内装は新たな照明技術やハイテクを導入し、モダンに仕上げる。美術館に加えて公会堂、レストラン、芸術家が参集して滞在も可能な文化センターも想定している。

 ただ関係者によると、暗殺現場の部屋は事件当時を再現する形で復元しようとしたが、当局者が「祈りの場と…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  5. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです