原発事故

糖尿病リスクが拡大 東大など研究発表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福島第1原発=2015年2月、本社ヘリから
福島第1原発=2015年2月、本社ヘリから

 東京電力福島第1原発の事故後、福島県南相馬市と相馬市の住民が糖尿病を発症するリスクは、事故前より最大6割も増えたとする研究結果を、英インペリアル・カレッジ・ロンドン公衆衛生大学院や東京大などのチームが英医学誌に発表した。原発事故に伴う生活習慣や職場など生活環境の変化が影響したとみられる。被災住民の生活習慣病の長期リスクが確認されたのは初めて。

 調査は、南相馬、相馬両市の住民延べ約2万人が対象。採血や問診などの健診データを使い、原発事故が起きた2011年から14年までの年ごとに、生活習慣病の糖尿病や高脂血症、高血圧を発症した住民の割合が、事故前の08〜10年の3年間と比較してどう変化したか解析した。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文604文字)

あわせて読みたい

ニュース特集