メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾地震

「長周期地震動」発生の可能性

 台湾は陸側のユーラシアプレート(岩板)と海側のフィリピン海プレートが衝突し合っている「プレート境界」の真上にあり、地震が多い場所だ。国内の専門家は6日未明に発生した台湾南部の地震について、震源の深さが約16キロと浅いことなどから、揺れが1往復する時間が比較的長い「長周期地震動」が発生した可能性を指摘する。

 長周期の揺れは、震源付近から地表面を沿って伝わり、ビルの上の階ほど大きく揺れる。古村孝志・東京大教…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今年の漢字は「令」

  2. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  4. オンライン「人狼ゲーム」に数万回投稿 偽計業務妨害容疑で高校生書類送検

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです