プロ野球

2年目の島袋、初の打撃投手 ソフトバンク

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2年目で充実したキャンプを過ごすソフトバンクの島袋=宮崎市の生目の杜運動公園で、2016年2月6日午後0時38分、角田直哉撮影
2年目で充実したキャンプを過ごすソフトバンクの島袋=宮崎市の生目の杜運動公園で、2016年2月6日午後0時38分、角田直哉撮影

 ソフトバンクは6日、2年目の島袋が、初めて打撃投手を務め、江川、今宮に29球ずつを投げ、安打性の当たりは計10本。力を込めた直球で空振りも奪い、「緊張したけど、昨年の自分を乗り越えようとしっかり投げられた」と手応えを口にした。昨年は9月に中継ぎで2試合に登板し、1軍マウンドも経験。制球難を改善する…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文299文字)

あわせて読みたい

注目の特集