メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代女子論

第36講 片付け 手放して手にする幸せ

引っ越し直後のようにモノの少ない部屋で暮らす野崎未和さんと塚本泰久さん=奈良市で、中本泰代撮影

 空前の「片付けブーム」だ。書店の暮らしコーナーは片付け本(<1>)であふれ、資格講座は女性たちでにぎわい、「ミニマリスト(<2>)」という生き方が支持される。捨てたい、捨てられない、手に入れたい−−私たちは、いったい何を?【中本泰代】

 「家には1人約1500個のモノがあります。毎日一つずつモノを持ち帰るとすると、5年後には倍になるんですよ」。プロ家庭教師の顔も持つ整理収納アドバイザー(<3>)、中島亜季さん(41)の歯切れいい講義に、20〜50代の女性8人が聴き入った。先月中旬、奈良市で開かれた「整理収納アドバイザー2級認定講座」(受講料2万3100円)。NPO法人ハウスキーピング協会の認定資格で、1日かけて整理収納の基本を学ぶ。

 午前の講義を終え、市内の主婦(48)は「実家の母の老後を考えて、切羽詰まって参加したけど、奥深い……

この記事は有料記事です。

残り2445文字(全文2815文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. コトバ解説 「海老」と「蝦」の違い
  3. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  5. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです