メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡良瀬遊水地

ワシタカ調査 野鳥の生態は回復へ /栃木

飛んでいるトビを双眼鏡で追う参加者たち=栃木市藤岡町藤岡の渡良瀬遊水地で

 渡良瀬遊水地で越冬するワシ・タカ類の生息実態を調べようと7日、第25回渡良瀬遊水地ワシタカ調査が行われ、日本野鳥の会栃木の会員など35人が参加した。

 調査は毎年2月初旬に行われる。9カ所の調査地点に分かれ、午前10時から午後0時半まで、15分ごとにワシ・タカ類を確認。環境省が絶滅危惧種に指定してい…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです