メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’16京都市長選

門川さん、盤石3選 対共産で団結発揮 本田さん、支持広がらず /京都

当選が確実となり、支援者らと万歳する門川大作さん(左から2人目)=京都市中京区で2016年2月7日午後8時10分、小松雄介撮影

 7日投開票の京都市長選は無所属現職の門川大作さん(65)=自民、民主、公明、社民府連推薦=が、共に無所属新人で元市教組執行委員長の本田久美子さん(66)=共産推薦、元府議の三上隆さん(85)を破り、3選を果たした。門川さんは行財政改革や経済活性化を訴え、保守層を中心に手堅く票をまとめた。本田さんは安全保障関連法反対などを主張したが、浸透しきれなかった。投票率は前回(36・77%)を下回る35・68%で、過去4番目の低さだった。当日有権者数は114万1060人(男53万2880人、女60万8180人)。【土本匡孝、村田拓也、鈴木理之、礒野健一】

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 大津市長選、元滋賀県議の佐藤健司氏が初当選 反現職の自民系新人

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 卓球全日本・波乱の結果 東京五輪代表5選手はなぜ勝てなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです