メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県東部ごみ焼却場

施設建設、郷原集落が同意 計画大きく前進 /鳥取

 東部広域行政管理組合(管理者、深沢義彦鳥取市長)は7日、鳥取市河原町国英地区に計画しているごみ焼却施設について、唯一反対していた郷原集落が同意したと発表した。建設予定地の地区内の14集落全ての同意を得たことになり、同組合は今後、保安林解除や埋蔵文化財調査の手続きに入る。【小野まなみ】

 発表によると、組合を構成する東部1市4町の首長5人が6日に郷原集落を訪れ、集落の臨時総会に先立って同意を求めた。その後開催された総会で、出席した住民25人のうち大半が賛成し同意を決議したという。

 組合は昨年12月27日、地元住民の十分な理解が得られないまま計画を進めたことをわび、今年1月27日…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  3. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
  4. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」
  5. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです