メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

どう乗り越える?「ペットロス」 実例をヒントに

知識が悲しみの救いと

 ペットの死に直面したとき、大きな喪失感にさいなまれた飼い主が心身に不調をきたす「ペットロス」。周囲の無理解がさらに飼い主を苦しめることもある。飼い主や周りの人はペットロスとどう向き合えばいいのか。悲しみを乗り越えた人たちの実例から考える。【倉田陶子】

新たな出合い 「預かりボランティア」

 大阪狭山市の主婦、近藤邦子さん(40)は2013年8月、約6年間一緒に暮らしたダックスフントのオードリーを失った。知人宅に捨てられていたオードリーは繁殖犬として飼育されていたようで、ヘルニアやホルモン系の病気など体調が優れない時もあったが、その都度乗り越えた。

 「手作りご飯やマッサージ、洋服作りなど、できることは何でもしてあげた。オードリーを失い、どうしてい…

この記事は有料記事です。

残り1540文字(全文1875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです