メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際収支

旅行収支53年ぶり黒字 訪日客増を反映

経常、旅行収支の推移

 財務省が8日発表した2015年の国際収支速報によると、旅行者のお金の出入りを示す旅行収支は1兆1217億円の黒字だった。暦年での黒字は1962年以来53年ぶりで、訪日外国人旅行者数の増加を反映した。一方、旅行を含めた海外とのモノやサービス、投資などの総合的な取引状況を示す経常収支は16兆6413億円の黒字。黒字幅は14年の6倍強と10年以来5年ぶりに拡大し、東日本大震災前の水準近くまで回復した。

 旅行収支は、訪日外国人が日本で使った金額から日本人が海外で使った金額を差し引いた額。15年の訪日外国人旅行者数が1973万7400人と過去最高を記録する中、黒字に転じた。前回黒字だった62年当時は日本人の外国旅行が制限され、統計基準も現在と異なるため単純には比べられないが、中国人旅行客の「爆買い」などの活発な消費が収支改善を後押しした形だ。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです