メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 ニューハンプシャー予備選 クリントン氏、打開狙う 夫と遊説、若者に支持訴え

支持者たちの前で演説するクリントン前国務長官=米東部ニューハンプシャー州マンチェスターで8日、西田進一郎撮影

 【マンチェスター(米東部ニューハンプシャー州)西田進一郎】米大統領選に向けたニューハンプシャー州予備選を前に、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(68)が厳しい戦いを強いられている。若者の支持獲得に苦しみ、同州での支持率では、隣接州選出のバーニー・サンダース上院議員(74)に10ポイント以上先行されている。クリントン氏は予備選前日の8日、夫のビル・クリントン元大統領らと遊説し、局面打開を狙った。

 「対立候補を支持する若者たちにも感謝する。私を支持してくれないかもしれないが、私は常にあなたたちを支持し、あなたたちのために結果を出すため働く」。クリントン氏は集会で訴えた。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  4. 公営ギャンブル「1000万円以上の的中」徴税強化へ レース実施者、ネット購入情報提供へ

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです