メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

湾岸諸国高官が地上部隊派遣言及 政権けん制狙い

シリア周辺の国々

 【カイロ秋山信一】サウジアラビアなどペルシャ湾岸諸国の政府高官が最近、内戦が続くシリアへの地上部隊派遣に相次いで言及した。米軍主導の有志国連合による過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦の一環という名目だが、劣勢が続く反体制派にてこ入れし、ライバルのイランが支援するアサド政権をけん制したいとの思惑が見え隠れする。

 サウジのアシリ国防相顧問は4日、テレビのインタビューでIS対策には「空爆と並行して地上作戦が必要だ」と主張した。有志国連合の「合意」を条件に「サウジはシリアに地上部隊を派遣する用意がある」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 西野七瀬、初舞台に緊張しきり「ストレッチからガチガチ…」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです