メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寝ても覚めても

問題は、いつからか=冨重圭以子

 最近、2軒の居酒屋で立て続けに「待ってましたよ」と言われた。客の少ないニッパチ(2月と8月)だから、というわけではない。店の大将も常連客も口をそろえて「さあ、聞かせてよ。清原のこと」。

 清原和博選手が元選手になって、いまは清原容疑者。何が彼を覚醒剤に走らせたのか、推測でもいいから話して、と求められた。野球に興味のない人でも、清原容疑者の名前と顔は知っている。野球は国民的人気スポーツで、そのころのスーパースターだったのだ、と改めて思った。

 実のところ「なぜ」は、知りたくもない。いくら同情すべき点があろうとも、覚醒剤に手を出す理由にはならない。作曲など何かを創造する人が強いプレッシャーを感じようが、アスリートが全盛期のパフォーマンスができなくなったのがつらかろうが、家庭生活が破綻しようが、全く理由にならない。

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです