メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日比のはざまで

在日フィリピン人の教育現場/上 県立大学・高畑幸准教授に聞く /静岡

県立大学の高畑幸准教授=静岡市駿河区の静岡県立大学で

 県内でフィリピン人が増加する背景や今後の支援について、在日フィリピン人に詳しい県立大学の高畑幸准教授(47)に聞いた。【聞き手・松岡大地】

 −−焼津市や浜松市浜北区ではフィリピン人がブラジル人を抜いて最多になり、全国でも2012年にはブラジル人を抜き、中国、韓国・朝鮮に次いで3位となっています。

 フィリピン国民の平均年齢は23歳と非常に若い一方、国内では就職難が続いています。フィリピン国家統計局によると、昨年10月現在の失業率は5・6%ですが、ごく短期間の契約労働を繰り返す「半失業率」は17・7%と高い状態です。単純労働にさえつけない人もいる中、海外の出稼ぎが奨励されており、長期滞在ができる日系人にとって、日本は自然と目指す場所と言えます。

 −−日系2、3世などに就労制限のない在留資格を許可した改正入管法(1990年)の施行後、大幅に増加したのはブラジル人など南米系の日系人でした。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. 増える経路不明「ぎりぎりの状況」 東京では感染者の半数以上 新型コロナ

  4. 飼い主から猫に新型コロナ感染 ベルギー 香港では犬の感染例

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです