メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

共和ブッシュ氏、じわり 保守穏健派として再評価

支持者の前で演説するジェブ・ブッシュ氏=米ニューハンプシャー州ナシュアの小学校で7日、及川正也撮影

 【ナシュア(米ニューハンプシャー州)及川正也】米大統領選の共和党候補指名争いで、支持率低迷にあえぐジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(62)がじわりと支持を広げている。大統領経験者の父と兄を持つ出自が反体制派の攻撃の的となってきたが、保守穏健派の象徴として再評価されているようだ。9日のニューハンプシャー州予備選で上位に食い込み、長期戦に持ち込みたい構えだ。

 予備選を2日後に控えた7日、小学校体育館での演説会で、万雷の拍手と歓声がわいた場面が2回あった。

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 三鷹の森ジブリ美術館、25日から臨時休館 新型肺炎感染防止で

  4. 特急にはねられ、60歳女性が死亡 JR佐々木駅 /新潟

  5. 名古屋高速の6料金所閉鎖 3月上旬まで 収受会社員が新型コロナ感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです