メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 ウチの教授 神田外語大 柳沼孝一郎さん

メキシコとの懸け橋に

 日本とメキシコの交流の歴史は古く、1609年にさかのぼる。スペイン領フィリピン総督らを乗せた船がメキシコへ向かう途中、房総沖で座礁・沈没。現在の千葉県御宿町の海岸に漂着した乗組員らを地元民が手厚く救助したのがきっかけだ。現在、その地に「日西墨三国交通発祥記念之碑」が建つ。

 「明治維新後、欧米諸国に先駆けて対等な平等条約が締結されました。移民もペルーやブラジルよりも早く、戦後もメキシコ国連大使が対日講和条約の早期締結を提唱するなど友好の歴史は脈々と続いています。そうし…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです