メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

’16冬/1 張本勲さん(その2止) 忘れ得ぬ母の赤い手足

毎日新聞が被爆翌年の広島を撮影した写真資料を手に、ヤミ市について語る張本勲さん=東京都内で2016年1月、内藤絵美撮影

 <1面からつづく>

 <ノーモア核被害 documentary report 195>

再開発、変わるヤミ市跡

 ファイルを繰る手が止まった。「まさにここ、お袋が通ったヤミ市だ」。プロ野球評論家の張本勲さん(75)が、一葉の写真に視線を向けていた。被爆翌年の1946年に毎日新聞のカメラマンが撮った広島駅前の風景である。秩序なく並ぶ露店に人が群がる。統制価格で賄われた食料配給の遅れに伴い、自由価格で物が売られたヤミ市だった。

 鼻が覚えていた。人いきれにむせぶ雑踏に、ふわりと漂う甘美な香り。復員兵らがカレーライスを頬張る姿は…

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1161文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. ORICON NEWS [ガンプラビフォーアフター]創造力が生んだFAガンダム、「プラモ狂四郎」が果たした“ガンプラ脳変革”
  3. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. 戒告処分 相談軽視の発言 長崎市立中の女性教諭 /長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです