組み体操

「ピラミッド」と「タワー」大阪市教委が禁止に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪市教委は9日の会議で、市立小中高校の運動会や体育祭で実施している組み体操の「ピラミッド」と「タワー」を来年度から禁止することを決めた。昨年9月に段数を制限したが、その後も骨折事故が相次ぎ、抜本的な対策が必要と判断した。ピラミッドやタワーの禁止は千葉県松戸市なども検討しているが、スポーツ庁は「禁止に踏み切った例は聞いたことがない」としている。

 組み体操は近年、高さを競う傾向にあり、専門家から危険性が指摘されてきた。これを受け、市教委は昨年9月、四つんばいで重なる「ピラミッド」は5段、肩の上に立って円塔をつくる「タワー」は3段とするルールを導入した。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文681文字)

あわせて読みたい

注目の特集