性犯罪ワースト2位

福岡県が教育用DVDや手口集を配布

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 性犯罪(強姦(ごうかん)、強制わいせつ)発生率が全国で2番目に高い福岡県で、県警が生徒や学生が被害に遭わないように学ぶための教材を製作している。(1)被害の典型例をドラマ化したDVD(2)手口への理解を深めるクイズ(3)教員用テキスト−−の「3点セット」を、3月中に県内の全高校、大学、専門学校計約500校に配布する。4月に入学する新入生向けの防犯教育に活用してもらうための全国でも珍しい取り組みだ。

 県警は2011年から「SDE」(Self Defense Education、自己防衛教育)を掲げ、高校教諭に護身術を指導。教諭から生徒に伝えることで普及を図っている。授業に護身術を取り入れるなどした高校は、県警が「SDE推進校」と認定しており、現在162校に上る。それでも、夜道でスマートフォンを操作しながら歩いたり、自宅を施錠しなかったりして襲われる事件が後を絶たず、護身術だけでなく、知識を身…

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1846文字)

あわせて読みたい

注目の特集