ニホンザル

厳冬の中の「入浴天国」 長野・地獄谷

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
温泉に入り、身体を温めるニホンザル=長野県山ノ内町の地獄谷野猿公苑で、後藤由耶撮影
温泉に入り、身体を温めるニホンザル=長野県山ノ内町の地獄谷野猿公苑で、後藤由耶撮影

 雪景色となっている長野県山ノ内町の地獄谷野猿(やえん)公苑で、野生のニホンザルが温泉に入り、厳しい冬の寒さをしのいでいる。この一帯に生息するサルたちが周囲の雪山から下りてきて、気持ちよさそうな表情で「入浴」している。地獄谷というが、サルには「天国」かもしれない。

 群れは約160匹だが、温泉に入るのは3分の1程度だという。お湯は約41度で、サルたちは12月中旬から3月…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

あわせて読みたい

注目の特集