メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

共和ブッシュ氏、保守穏健派として再評価

 【ナシュア(米ニューハンプシャー州)及川正也】米大統領選の共和党候補指名争いで、支持率低迷にあえぐジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(62)がじわりと支持を広げている。大統領経験者の父と兄を持つ出自が反体制派の攻撃の的となってきたが、保守穏健派の象徴として再評価されているようだ。9日のニューハンプシャー州予備選で上位に食い込み、長期戦に持ち込みたい構えだ。

 予備選を2日後に控えた7日、小学校体育館での演説会で、万雷の拍手と歓声がわいた場面が2回あった。

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1232文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. なぜ手洗いは感染予防に効果的か 洋服にウイルスが付いたらどうする? 専門家に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです