メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良公園

古都を彩る瑠璃色の光

青色や水色などのLEDライトで一面が彩られた「しあわせ回廊なら瑠璃絵」=奈良市で2016年2月8日午後6時38分、川平愛撮影

 奈良市の奈良公園一帯を光で彩る「しあわせ回廊なら瑠璃絵」が8日、始まった。春日大社、興福寺、東大寺の参道などが発光ダイオード(LED)で彩られ、訪れた人々は幻想的な雰囲気を楽しんでいた。14日まで。

     県や奈良市などでつくる実行委が主催して2010年から始まり、今年で7回目。シルクロードを経て奈良に伝わった青い宝石をイメージし、瑠璃色を基調にしたイルミネーションが施される。

     期間中は奈良国立博物館や社寺の夜間特別公開があるほか、奈良公園内では飲食などの模擬店も出る。最終日には午後7時半から花火が打ち上げられる。

     点灯は午後6〜9時。問い合わせは実行委(0742・20・0214)。【日向梓】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 本社世論調査 裁量労働制の対象拡大「反対」57%
    2. 御堂筋線なんば駅 16キロ分天井ボード落下 漏水原因か
    3. 訃報 左とん平さん80歳=俳優 「時間ですよ」
    4. 平昌五輪 和やかなフィナーレ 閉会式、選手77人参加
    5. 裁量労働制 対象拡大反対の緊急デモ 1000人が訴え

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]