メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

池内 紀・評『会津物語』赤坂憲雄+会津学研究会編著

見えなくても、それと共に生きている

◆『会津物語』赤坂憲雄+会津学研究会編著(朝日新聞出版/税抜き2300円)

 久生十らんの短篇「生霊」に狐が出てくる。主人公は旧盆のころに飛騨の山奥の小さな町へ出かけた。夕食のあと、盆踊りを見ようと谷川沿いの一本道を行くと、河原の窪地に迷いこむ。まわりは峻(けわ)しい段々畑。突如、歌ごえが聞こえてきた。畑からばかりではなく、「あちらの嶺からもこちらの峡(はざま)からも」湧いてくる。ひとくさり前唄をうたうと、やっとこせ、コラサと合いの手を入れる。「こんな晩に悪ふざけをするのは高山狐か飛騨狸にきまっている」

 いつも小説を読む愉(たの)しさを思い出させてくれる作家であって、ここには四ページばかりの短いものか…

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  3. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  4. 首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです