メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミュージカル

宝塚月組 龍、心の揺らぎ繊細に=評・小玉祥子

 最初が「舞音−MANON−」(植田景子脚本・演出)。アベ・プレヴォ作「マノン・レスコー」を原作に舞台を20世紀初頭の仏領インドシナに置き換えた。

 仏海軍将校のシャルル(龍真咲)はインドシナ駐在を命じられ、サイゴン(現ホーチミン)のナイトクラブで踊り子のマノン(愛希れいか)にひと目ぼれする。

 婚約破棄し、出世を棒に振り、陰謀に巻き込まれてもシャルルはひたすらマノンを求める。マノンは原作より思慮深く、慈悲心に富んだ女性に設定されている。

 シャルルはマノンを通して社会の矛盾を知り、ついには植民地制にも疑問を持ち出す。マノンに翻弄(ほんろ…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文593文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです