メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日比のはざまで

在日フィリピン人の教育現場/中 「日本語教室」 自治体支援に温度差 /静岡

虹の架け橋で学ぶイシカワ・エルマリエさん(左)と日本語教師の阿井咲穂さん(右)=藤枝市駅前3で

国や県のサポート必要

 日本語が苦手な外国人の子供たちに日本語を教える「虹の架け橋・志太教室」(藤枝市駅前3)。先月19日、日系フィリピン人の中学生2人に、日本語教師の阿井咲穂さん(27)が数学で使う日本語の基礎を教えていた。

 阿井さんが、黒板に書いた「1+1」の「+」を指さし「何て読むのかな?」と聞くと、2人は威勢良く「たす!」と声をそろえた。ところが、「×」を指した阿井さんから「これは?」と問われると、しばらく考え込んだ末に「んん〜忘れちゃったよ」と首を振った。

 同教室の日本語教室は週4日、1日4コマ。毎年約50人が学ぶ。月3000円を払う必要があるが、送迎は…

この記事は有料記事です。

残り1208文字(全文1492文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです