メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長期金利

初のマイナス 国債購入が拡大 円急騰、東証918円安

 9日の東京債券市場は、長期金利の指標となる新発10年物国債の市場利回りが一時、マイナス0・035%まで低下し、史上初めてマイナスとなった。日銀のマイナス金利導入の決定を受け、日銀にお金を預けておくと損をする金融機関が国債を買う動きを強めていたことに加え、8日の欧米市場の株安を受けて東京株式市場でも株価が急落し、安全資産とされる国債を買う動きが広がったためだ。日銀は、世界的な株安に歯止めをかけようとマイナス金利に踏み込んだが、これまでのところ十分な効果が出ていない状況だ。

 日銀は1月29日の金融政策決定会合で、マイナス金利の導入を決定。中国経済の減速懸念や原油安を背景に…

この記事は有料記事です。

残り1060文字(全文1348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです