日本人

3万年前、祖先はどうやって海を…航海を再現へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
チームは昨年10月、沖縄・与那国島で草舟を試作。実際に乗って浮き具合などを確かめた=国立科学博物館提供
チームは昨年10月、沖縄・与那国島で草舟を試作。実際に乗って浮き具合などを確かめた=国立科学博物館提供

国立科学博物館 渡来ルート確認のプロジェクト開始

 3万年前、日本人の祖先はどうやって海を渡ることができたのか−−。国立科学博物館は9日、大陸から琉球列島への航海を再現して、科学的に渡来ルートを確かめるプロジェクトを開始すると発表した。代表の海部陽介・人類史研究グループ長は「失敗など途中経過も公開して、多くの人と謎解き体験を共有したい」と話す。

 海部さんによると、アフリカ起源のホモ・サピエンス(新人)が日本にやってきた経路は、朝鮮半島から対馬を経由して九州北部へ▽大陸と陸続きだった台湾から琉球列島を北上▽サハリンと陸続きだった北海道から南下−−の3ルートと考えられている。特に琉球列島への航海は、流れの強い黒潮を横切る必要があり、最も難しかったとみられる。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文765文字)

あわせて読みたい

ニュース特集