メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィリピン大統領選

4氏ら争う 資格剥奪ポー氏は係争中

 【バンコク岩佐淳士】任期満了に伴う5月のフィリピン大統領選に向けた各候補者の選挙運動が9日、始まった。再選禁止の規定により退任するアキノ大統領(56)の後任を巡り、4人の主要候補がしのぎを削る。ただ、世論調査でトップを走るグレース・ポー上院議員(47)は候補者資格を剥奪され、異議申し立ての裁判が進行中。今後の展開は波乱含みだ。

 ポー氏は無所属で立候補。孤児だったが、国民的俳優に養子として育てられた。クリーンなイメージが浸透し…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文717文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです