メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
台湾地震

建設業者3人拘束 雑居ビル倒壊、過失致死容疑

台南市の頼清徳市長(左)がビルの模型を示しながら捜索の方針を説明するのを聞く行方不明者の家族ら=台湾南部・台南市で2016年2月9日、林哲平撮影

 【台南(台湾南部)鈴木玲子、林哲平】台湾の検察当局は9日、南部で6日に起きた地震で倒壊した台南市永康区の16階建て雑居ビルを建設した会社の元社長ら3人を業務上過失致死の疑いで8日夜に拘束したと発表した。ビルの倒壊現場では生き埋めになった人の生存率が著しく下がるとされる「発生後72時間」が過ぎ、行方不明者の家族らが焦りやいらだちを募らせている。

 検察当局は、倒壊現場で得た証拠や土木技師の鑑定により、ビルの建築資材を減らすなど建設工程に問題があ…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  4. 立花N国党首vs高須院長が「ニコ生」で大激論 爆問・太田に飛び火も(スポニチ)

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです