ドイツ

時速100キロで正面衝突か 鉄道事故10人死亡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

南部バイエルン州、単線カーブで 81人負傷

 【ベルリン中西啓介】ドイツ南部バイエルン州バートアイブリング近郊で9日午前6時50分(日本時間同午後2時50分)ごろ、地元私鉄が運行するローカル線の電車同士が正面衝突し、先頭車両が大破、一部が脱線した。DPA通信によると、10人が死亡し、81人が負傷、少なくとも1人が行方不明になっている。在ミュンヘン日本総領事館によると、現在のところ日本人が巻き込まれたとの情報はない。

 電車は「バイエルン・オーバーラント鉄道」が運行し、計約150人の乗客がいたとみられている。森に囲まれた単線のカーブで事故は起き、運転士2人の死亡が確認された。電車は時速約100キロで走っていた可能性がある。現地入りしたドブリント運輸相は「お互いに気づくことなく相当な速度でブレーキをかけずに衝突したようだ」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文661文字)

あわせて読みたい

注目の特集