メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

がん細胞を間接的に攻撃…免疫細胞作製に成功

京都大iPS細胞研究所の研究グループ

 京都大iPS細胞研究所(京都市)の金子新准教授(腫瘍免疫学)らの研究グループは9日、ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、がん細胞を間接的に攻撃する機能を持つ免疫細胞を作製することに成功したと発表した。免疫細胞の大量作製が可能になり、がん患者への有効な免疫療法や治療薬開発への応用が期待できるという。成果は同日、米科学誌「ステム・セル・リポーツ」に掲載された…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです