メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日比のはざまで

在日フィリピン人の教育現場/下 サポートと未来 希望生む官民の支援 /静岡

フィリピン出身の中学生に日本語を教える長井健太さん(左)=浜松市中区の南部協働センターで

年齢に応じ相談窓口を

 浜松駅から約1キロ南にある南部協働センター(浜松市中区海老塚2)。1994年に同市で発足し、長年フィリピン人支援に取り組むNPO法人「フィリピノナガイサ」が開く「ハロハロ日本語教室」には、小中学生約20人の日系フィリピン人が、毎週土曜日に日本語を学ぶ。

 「『政府』は何て読むかな?『セイフ』だよね?」

 先生役の長井健太さん(21)が、来日したばかりの中学生たちに漢字の問題を出す。子供たちが理解できな…

この記事は有料記事です。

残り1228文字(全文1439文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです