メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いきもの便り

志摩マリンランド フンボルトペンギン、子育てに親鳥の愛情 /三重

 南米に生息するフンボルトペンギンは木の枝や枯れ草で巣を作り、1回に2個の卵を産みます。雄と雌が交代で卵を温め、産卵から40日前後でふ化します。

 卵から出たばかりのひなは、ふわふわの羽毛で「ピィピィ」と鳴き、とてもかわいらしいのですが、子供を守るために親がいつも警戒しています。ひなは親鳥から口移しで…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです