メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
北九州市

高度浄水処理の実証、ベトナム6都市へ拡大 /福岡

 北九州市は10日、河川の水質汚濁が深刻化しているベトナム6都市の浄水場で、市が特許を持つ高度浄水処理設備の導入に向けた実証実験を5月から順次開始すると発表した。

 この設備はハイフォン市の小規模浄水場で導入され、主力浄水場でも導入予定。6都市には最大都市・ホーチミン市も含まれる。北橋健治市長は「ハイフォンでの成功モデルを、ベトナム各都市でのビジネスへと飛躍させる大きなチャンス」と述べた。

 現地では、下水処理場の整備が遅れ、浄水にも課題があり、直接水道水が安全に飲める状況ではないという。…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文535文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです