メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
松本俊彦のこころと向き合う

/11 「やめ方を教えてくれ」

 約20年前、私は不本意な人事で薬物依存症の専門病院に赴任した。当初の私は、半泣き顔で診療していたに違いない。どうやって治療したらよいのか見当がつかなかったからだ。何しろ「覚醒剤を嫌いにする薬剤」など存在しない。私にできるのは、薬物の害を懇々と説教することだけだった。

 だが、患者の多くは説教に閉口して通院をやめるか、さもなければ「別に死んでもいいさ」「俺は太く短く生きるからいい」と居直るだけだった。いら立った私は認知症患者の脳画像を示し「覚醒剤を長年使ってきた人の萎縮した脳だ」と詐欺同然の説明までしたが、誰も薬物を断てなかった。

 ある日、私は手厳しい洗礼を受けた。覚醒剤依存症の男性患者が口角泡飛ばして説教する私を遮り、こうすご…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文854文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです