弥生時代銅剣

サメ線刻画見つかる「因幡の白兎」関連性?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鳥取県立博物館所蔵の銅剣から見つかったサメの線刻絵画(中央)=奈良市の奈良文化財研究所平城宮跡資料館で2016年2月9日、三村政司撮影
鳥取県立博物館所蔵の銅剣から見つかったサメの線刻絵画(中央)=奈良市の奈良文化財研究所平城宮跡資料館で2016年2月9日、三村政司撮影

 鳥取県立博物館(鳥取市)所蔵の弥生時代の銅剣に、サメの線刻絵画があることが奈良文化財研究所(奈文研)の調査で判明した。10日に発表した同県と奈文研によると、鋳造後の青銅器で線刻画が確認されたのは初めて。サメの図柄はこれまで鳥取県を中心に木製品などで見つかっているが、銅剣は儀式用とみられ、海にまつわる地域独自の祭祀(さいし)の存在を示す成果という。

 線刻画は長さ2.3センチ。サメに特徴的な流線型の体、背びれや尾びれなどが表現されている。銅剣(長さ42センチ)の根元近くの平たい部分「元部(もとぶ)」に彫られていた。成分分析などで弥生中期中ごろ(紀元前2世紀)に作られたと判明。線刻は100年余り後の弥生中期後半(紀元前1〜紀元1世紀)に、青銅より硬い鉄で彫ったらしい。

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1345文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集