メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

類人猿

エチオピアで発見の歯の化石 800万年前と判明

研究チームの推定によるサルから人類の進化と各分岐点の年代

 兵庫県立人と自然の博物館や東京大などの研究チームは11日付の英科学誌ネイチャーに、エチオピアの地層から2007年に見つかったゴリラの祖先とされる類人猿の歯の化石が約800万年前のものと判明したと発表した。人類とゴリラは1000万年前にアフリカで共通の祖先から分岐したとの説を補強する成果で、人と自然の博物館の加藤茂弘主任研究員は「人類誕生の時期を明らかにすることにもつながる」と分析している。

 研究チームによると、化石が発見された地層は当初、約1000万年前のものと推定されていたが、その後の調査で断層によるずれを確認。他の化石や地質を詳しく分析した結果、約800万年前の地層と分かった。アフリカではそれまで、約1000万年前から約700万年前にかけて類人猿の化石は見つかっていなかった。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 独自大会初戦負け 加藤学園・肥沼、初心回帰「なめた投球」反省 センバツ交流試合

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです