メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

類人猿

エチオピアで発見の歯の化石 800万年前と判明

研究チームの推定によるサルから人類の進化と各分岐点の年代

 兵庫県立人と自然の博物館や東京大などの研究チームは11日付の英科学誌ネイチャーに、エチオピアの地層から2007年に見つかったゴリラの祖先とされる類人猿の歯の化石が約800万年前のものと判明したと発表した。人類とゴリラは1000万年前にアフリカで共通の祖先から分岐したとの説を補強する成果で、人と自然の博物館の加藤茂弘主任研究員は「人類誕生の時期を明らかにすることにもつながる」と分析している。

 研究チームによると、化石が発見された地層は当初、約1000万年前のものと推定されていたが、その後の…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです