メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇佐神宮

穴井宮司が退職願 神社本庁に後継要請も 県支部など反対表明 /大分

 宇佐市の宇佐神宮の穴井伸久宮司(67)が、「一身上の都合」を理由に、東京・神社本庁の北白川道久統理へ退職願(2日付)を提出したことが11日に分かった。併せて、後継宮司は神社本庁から派遣するよう要請している。

 この宮司問題では、氏子総代(5人)が「職務日数が著しく欠如している」などとして、昨年12月5日付で穴井宮司の解任を求める嘆願書を神社本庁へ提出していた。

 穴井宮司が辞意を固めたことで、同宮司を除く神宮責任役員会が今月9日開かれ、神社本庁内からの宮司派遣…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです