メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
論点

家族はどこへ

 家族観が揺れている。同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める条例が東京都渋谷区で施行される一方で、最高裁は昨年暮れ、夫婦別姓を認めない民法の規定を合憲と判断した。選択的夫婦別姓制度については、世論は割れる。そして、多様化する家族のかたち。この国の家族はどこへ向かおうとしているのか。

選択の自由を保障して 下重暁子・作家

 「下重暁子」をペンネームだと思っている人は多いが、私はこの名前で生まれ、育った。40年ほど前に結婚したとき、連れ合い(夫)の姓に変わった。いろいろ考えた末に妥協したのが大間違いで、ものすごく後悔している。

 私たち二人はそれぞれ仕事をし、独立採算制で生きてきた。家など一緒に暮らす上で必要なものは半々で買っ…

この記事は有料記事です。

残り4172文字(全文4487文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです