メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
廃棄カツ横流し

信頼回復かけ流通大手 独自監視で自衛

みのりフーズで見つかった主な製品と販売者・製造者

 産廃業者「ダイコー」(愛知県稲沢市)が処理を委託された食品を横流しした事件は発覚から約1カ月。流通大手は相次いで横流し防止策を打ち出している。プライベートブランド(PB)やオリジナル商品が横流しされ、企業のブランドイメージが損なわれかねないためだ。法が求める以上の厳しさで、廃棄の確認を徹底する方針。

 これまでダイコーから食品関連会社「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)への横流しが発覚したのは「カレーハ…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文861文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 香港人の台湾移住増加 抗議行動との関連を台湾側は明言避ける

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです