宮崎議員辞職表明

男性育休に影響懸念…馳文科相ら

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党の宮崎謙介衆院議員(35)は東京・永田町の衆院第2議員会館で午前10時45分から記者会見に臨んだ。

 宮崎氏は女性タレントとの不倫問題が報じられる前、自身の育休宣言について「想像以上の逆風だった」と語り、「男性の育休取得の重要性は認識されているのに、社会や職場の『空気』が取得を阻んでいる。(自分の宣言で)『空気』をぶっ壊す」などと意図を説明。「ここまで批判があるなら絶対に折れるわけにはいかない」と決意を語っていた。

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文777文字)

あわせて読みたい

注目の特集