重力波初観測

日米欧で協力「非常に感動」…大阪市立大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
重力波初観測の発表を受け、内容を説明する大阪市立大学大学院理学研究科の神田展行教授(手前)。奥は田越秀行准教授=大阪市住吉区で2016年2月12日午前1時4分、三浦博之撮影
重力波初観測の発表を受け、内容を説明する大阪市立大学大学院理学研究科の神田展行教授(手前)。奥は田越秀行准教授=大阪市住吉区で2016年2月12日午前1時4分、三浦博之撮影

 「三重の大発見だ」。大阪市の大阪市立大理学研究科では12日未明、米国での重力波初観測の発表をインターネット中継で見守った神田展行(のぶゆき)教授と田越秀行准教授が興奮した様子で話した。

 2人は、KAGRAプロジェクトでデータ解析を担当する専門家。今回は二つのブラックホール(連星ブラックホール)が合体して生じた重力波を観測しており、神田教…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集