メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米ASEAN首脳会議

共同文書草案に「航行の自由」 

 【バンコク岩佐淳士、ワシントン和田浩明】米国と東南アジア諸国連合(ASEAN、加盟10カ国)は15、16の両日、米カリフォルニア州ランチョミラージュのサニーランズで首脳会議を開く。米国がASEAN側を自国に招いて開く首脳会議は初めてで、南シナ海問題を巡る中国との駆け引きを有利に進める狙いがある。会議後に発表する共同文書の草案に「航行の自由」を明記し、中国をけん制する内容となっている。

 サニーランズでは2013年に米中首脳会談が開かれた。米国は南シナ海で影響力を拡大する中国の動きを強く警戒。領有権問題で中国と対立するフィリピンやベトナムの後ろ盾となっている。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  2. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです