メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ

紛争解決ほど遠く 停戦合意1年

 【モスクワ杉尾直哉】ウクライナ東部の紛争解決を目指しウクライナ、露、独、仏の4カ国首脳が停戦合意(ミンスク合意)して12日で1年を迎える。2014年4月に東部ドネツク、ルガンスク両州で始まった親ロシア派武装勢力とウクライナ政府軍との交戦は今も散発的に続く。両州の自治権拡大などの課題は未解決のままで、親露派を支持するロシアと、これに反発するウクライナとの対立は解消されておらず、正常化はほど遠い情勢だ。

 約2年間にわたる東部紛争で約9000人の民間人らが犠牲になった。ドネツク州では10日、乗り合いバスが地雷を踏んで爆発し、運転手と乗客2人が死亡する事件も起きた。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです