メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ウクライナ

紛争解決ほど遠く 停戦合意1年

 【モスクワ杉尾直哉】ウクライナ東部の紛争解決を目指しウクライナ、露、独、仏の4カ国首脳が停戦合意(ミンスク合意)して12日で1年を迎える。2014年4月に東部ドネツク、ルガンスク両州で始まった親ロシア派武装勢力とウクライナ政府軍との交戦は今も散発的に続く。両州の自治権拡大などの課題は未解決のままで、親露派を支持するロシアと、これに反発するウクライナとの対立は解消されておらず、正常化はほど遠い情勢だ。

 約2年間にわたる東部紛争で約9000人の民間人らが犠牲になった。ドネツク州では10日、乗り合いバス…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文730文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです