日本ライフ協会

「迫る期限、地域別継承も模索」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「背水の陣」と語る保全管理人の森恵一弁護士=大阪市中央区で2016年2月9日、三浦博之撮影
「背水の陣」と語る保全管理人の森恵一弁護士=大阪市中央区で2016年2月9日、三浦博之撮影

民事再生手続き中 保全管理人「事業継続で支援者探したい」

 高齢者からの預託金を流用して民事再生手続き中の公益財団法人「日本ライフ協会」(東京都港区)の保全管理人である森恵一(えいいち)弁護士(58)=大阪弁護士会=が取材に応じ「事業継続のため全力を尽くして支援者を探したい」と語った。既に約100の法人や団体などに支援を呼び掛けているが、期限は2月末。「(残り時間が少なく)本当にワンチャンス。関心のある方はぜひ連絡をいただきたい」と呼び掛けている。【聞き手・銭場裕司】

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文927文字)

あわせて読みたい

注目の特集