メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We・走る

みんなの初めてラン♪〜プロが教える走りの秘密〜 震災復興へ、市民一丸 ご当地マラソン、伝統守る /東京

中学生とともに、ランナーに振る舞うお汁粉を作る海上さん

 マラソン大会には、なにがしかのテーマが掲げられる場合が多い。地元特産品のPRもよく見られるケースだ。今回取り上げる「旭市飯岡しおさいマラソン」(千葉)も、特産のイチゴが振る舞われ、27回にわたって開催が続く人気と伝統がある。しかし、この大会には5年前から大切な役割が加わった。東日本大震災からの復興だ。

 「地元の中学生が配膳を手伝ってくれますから、見かけほど大変ではないんですよ」

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです