メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We・走る

みんなの初めてラン♪〜プロが教える走りの秘密〜 震災復興へ、市民一丸 ご当地マラソン、伝統守る /東京

中学生とともに、ランナーに振る舞うお汁粉を作る海上さん

 マラソン大会には、なにがしかのテーマが掲げられる場合が多い。地元特産品のPRもよく見られるケースだ。今回取り上げる「旭市飯岡しおさいマラソン」(千葉)も、特産のイチゴが振る舞われ、27回にわたって開催が続く人気と伝統がある。しかし、この大会には5年前から大切な役割が加わった。東日本大震災からの復興だ。

 「地元の中学生が配膳を手伝ってくれますから、見かけほど大変ではないんですよ」

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1361文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる
  4. 猪木、ハンセン、ドリー…往年の名選手ら集結 G.馬場さん没後20年追善プロレス
  5. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです