メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まなびやの宝

金蘭会中学校 7つの習慣 /大阪

未来マップの下書きを手にする生徒=大阪市北区の金蘭会中学校で、大森治幸撮影

なりたい自分に近づく

 人が成功する行動の原則を七つに分けて解説したビジネス書「7つの習慣」(スティーブン・R・コヴィー著)。この世界的ベストセラーを基にした教育プログラムを、大阪市北区大淀南3の私立金蘭会中学校(生徒198人)が実践している。クイズや話し合いなどを多く取り入れた授業は自身を客観的に見つめる機会にもなる。田中好浩校長(55)は「将来の夢や目標をイメージし、なりたい自分に近づくきっかけになれば」と話す。

 7つの習慣は一番大切なことを優先する、自分を磨く、といった内容から成る。教育支援会社「FCEエデュケーション」(東京)が教育用のプログラムにアレンジ。好評を博したこの書籍に興味を持った田中校長が教頭だった2008年ごろ、プログラムの存在を知り、当時の校長に導入を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです