メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界株安

欧州銀が主導 リーマン後、体力回復遅れ

欧州銀行を悩ます三重苦

 【ロンドン坂井隆之】世界的な株安が続く中、欧州銀行株の急落ぶりが際立っている。世界経済の減速による収益減に加え、資源関連融資の焦げ付き懸念やマイナス金利による運用益の低迷が、三重苦となって経営の重しになっているためだ。欧州銀の株安が市場の不安をあおる悪循環となっており、世界の市場で警戒感が強まっている。

 今月に入ってから11日までの欧州銀の総合株価指数の下落幅は16%に達しており、債務危機時の2012…

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです